ブロックチェーンの活用が拡大

不動産や入居者情報の連携始まる

ネットワークでつながり、分散して情報を保管するブロックチェーンの活用が広がっている。主に金融の分野で利用されてきたが、最近では不動産業界においても、セキュリティーの高さから利用されつつある。不動産取引、物件情報や入居者情報の共有といった場面でブロックチェーンの活用が注目を集めている。

こちらは無料会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事