JR東日本とリビタがシェア住居

独身寮を改修し、全112室を運用

 不動産のリノベーションとシェア型賃貸住宅を提供しているリビタ(東京都目黒区)とジェイアール東日本都市開発(東京都渋谷区)は東日本旅客鉄道(東京都渋谷区)の独身寮をシェア型賃貸住宅に再生し、内覧会を4日に実施した。

 入居は13日より実施する。東京都三鷹市上連雀にある築44年の建物。部屋数は112室で居室面積は13.5㎡。賃料は月額6万4000円から75000円で共益費が1万5000円。保証金50000円で償却は3万5000円、礼金は無い。家具家電付きでベッド、机、エアコン、冷蔵庫などが付いている。2階の一部には女性専用居住エリアがある。

こちらは無料会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事