• HOME
  • 市況
  • 日本とデンマークの住生活比較調査

日本とデンマークの住生活比較調査

LIFULL 住宅満足度低さの課題指摘

LIFULL HOME’S総研の島原万丈所長

 不動産・住宅情報サイト『LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)』を提供するLIFULL(ライフル:東京都千代田区)は16日、社内シンクタンクのLIFULL HOME’S総研が発行した研究報告書『住宅幸福論Episode2幸福の国の住まい方 ―日本・デンマーク住生活比較調査―』について、同調査発表会を行った。

 今回の調査では、国連の幸福度ランキングで上位に位置するデンマークと日本の暮らしを比較しまとめた。調査対象は20~69歳までの男女、グレーター・コペンハーゲンに居住するデンマーク人1000人と1都3県に居住する日本人2000人。

 今回の調査でデンマークでは中間層以下の住宅への満足度がほぼ同水準だったのに対し、日本は低所得になるほど満足度が激しく下がるという結果が出た。LIFULLHOME’S総研の島原万丈所長は「デンマークでは低所得層には家賃補助などの補償があるため、満足度が高い状態を維持している。日本では低所得層に補償がない。社会構造に問題があるのでは」と指摘した。

こちらは会員限定記事です
会員になると続きをお読みいただけます

関連記事