レンタル収納事業拡大

仲介の東急リバブル(東京都渋谷区)はレンタル収納事業を強化する。
3月30日には、東京都調布市と神奈川県横浜市の2カ所に『STRAGE SQUARE(ストレージスクエア)』を開設した。
同社がサブリースしたビルの1棟やワンフロアを仕切り、区画ごとに貸し出す。
調布店は100区画で、0.4畳~5.1畳と幅広いニーズに対応し、料金は月額4860~4万8600円。都筑中川Ⅱ店は、36区画で、ロッカータイプから3.5畳まであり、月額4320~3万2400円。
同事業は社内の提案制度から選ばれ、2014年7月に第1号を東京都千代田区の半蔵門に出し、3店を運営していたが、増設により5店舗となった。


今後は、コンビニエンスストアとの複合店の出店も視野に入れ、年間2~3カ所ペースの出店で事業拡大を目指す。
レンタル収納ビジネスは都心部築古ビルの有効活用としての可能性も高い。

関連記事