外国人向けにYouTubeで居住地案内

ポータルサイトにリンクし魅力配信
外国人シェアハウスの管理・仲介を行うジャフプラザ(東京都渋谷区)は日本で賃貸物件を探す外国人向けに、英語のYouTube動画で周辺地域案内を行うサービスを開始した。
まずは、同社が本社を構える渋谷の紹介動画を配信し、順次拡大する方針だ。
急激に増える外国人を管理物件に呼び込むことを目的とした。動画は5分程度。同社のポータルサイト内の物件紹介画面に周辺環境を説明する動画としてリンクしていく。土地勘のない外国人に短時間で居住した時のイメージを持ってもらうことが狙いだ。
現在、配信中である渋谷の紹介動画では、観光地として巨大なスクランブル交差点や忠犬ハチ公、普段の生活基盤として多数のスターバックスがあることなどを紹介している。
神本宗明専務は「社員が動画の撮影などを行っており、年間で6つの動画を作成し、当社の管理物件の紹介ページにリンクしていきたい」と語った。

関連記事